金融用語集 | お客様サポート

権利入札(けんりにゅうさつ)

制度信用取引を行っている銘柄について株式分割等(株式分割の比率に「小数点が含まれる」株式分割)が行われた場合には、証券金融会社において行われる権利入札により決定される新株引受権価額で約定価額を調整することにより、権利の処理が行われます。

例えば、証券金融会社における貸借取引において、権利付最終日に融資残高が貸株残高を上回っている場合、証券金融会社では証券金融会社名義となっている融資超過分が「売入札」にかけられます。入札の対象となった株数について、顧客(当該銘柄について信用取引を行っていない方も可能です)は証券会社を通して証券金融会社に入札を申し込みます。入札価格の高い順に入札株数の範囲内で落札され、落札合計代金を落札株数で除したものに、割当率を乗じたものが権利処理価額となります。
一方、証券金融会社において、貸株残高が融資残高を上回っている場合には、証券金融会社が新株券等を入札で買い取る「買入札」が行われることになります。

(参考)
権利処理価額=(落札合計代金÷落札株数)×割当率

  • この権利処理価額に基づいて建単価の修正が行われます。

よくあるご質問トップへ戻る


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、堂島取引所