目的別に調べる | お客様サポート

逆指値注文とはどのような注文方法ですか?また、どのような場合に注文するのですか?

逆指値注文とは、注文する銘柄の価格があらかじめ指定した価格以上、または以下になった場合にあらかじめ指定した注文を発注するという注文です。

「**円以上で買」「**円以下で売」といった具合で、通常指値とは逆の指値になります。

利用例として、下記のような場合に有効です。

損失限定(決済注文)
最も一般的な利用方法です。相場が予想と反対方向に動いた場合に備え、損失を限定したい時に利用します。
利益確保(決済注文)
既に保有している建玉に対し利益が出ている状態とします。今後も利益を追求したいが、相場が反対方向に動いた場合に備えて利益を確保しておきたい時に利用します。
追随買い・追随売り(新規注文)
相場のトレンド転換に注目し、ある予測したレンジを抜けたら「買いたい」「売りたい」といった場合に利用します。

※相場の変動によって必ずしも利益の確保や損失の限定ができるものではございませんので、ご注意ください。

よくあるご質問トップへ戻る


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、堂島取引所