取引概要・ルール | お客様サポート

追証となった場合、どうすればいいですか?《 先OP 》

日中立会終了後の値洗いにおいて、当日の評価損益を含んだ受入証拠金が最低維持証拠金(建玉を維持するのに必要な証拠金額)を下回った場合、翌営業日15時20分までに証拠金の最低維持率を回復させる金額以上の追加証拠金(追証)を取引口座へ入金していただく必要があります。


お客様ご自身による保有建玉の全決済では、追証の解消とはなりませんのでご注意ください。
※ご入金による対処を行っていただけない場合には、お取引の継続をお断りさせていただく場合がございますのでご注意ください。


■入金期日までに、先物・オプション口座へのご入金を確認できなかった場合

当社の任意でお客様の計算により全建玉を強制決済させていただきます。


ご入金いただくまでの間、追証状態が継続します。
追証状態では、新規注文の発注や出金依頼は制限されますのでご注意ください。


なお、全額のご出金につきましては、入金期日以降に限りお電話にて承ります。

よくあるご質問トップへ戻る


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、堂島取引所